‘2014/07’ カテゴリーのアーカイブ

消費者金融でのキャッシングの限度額は年収の3分の1まで

2014/07/17

消費者金融などでの個人のキャッシングは、総量規制によって原則として年収の3分の1までと決まっていますが、法人や個人であっても事業の運転資金の場合は適用されません。またどこかで限度額までお金を借りて、よそでさらにお金を借りるということはできません。金融機関は顧客のデータを共有しているので誰がどこでいくら借りたかすぐに分かります。
総量規制が成立した背景には社会問題にもなった多重債務問題があります。この問題を解決するために2010年6月に貸金業法が施行され、上限金利は20%に引き下げられ、取り立ても厳しく規制されました。高金利違反は5年以下の懲役、1千万円(法人の場合3千万円)以下の罰金、無登録営業は5年以下の懲役、1千万円(法人の場合1億円)以下の罰金が科せられます。
また、キャッシングなどで年109.5%を超える利息の契約をした場合は、借金の契約そのものが無効になり、利息を払う必要はありません。